チューニングスイッチが思ったような動作をしないので、I-COMに質問したりもしましたが要領を得ず・・・で、ひとつ気づいたことがあり確認しました。

「パワー出力を絞っていても、チューニングスイッチを押すとフルパワーが出てしまう」から外部チューナーも動作させられると思い込んでいましたが、フルパワーが出てしまうのはSWRが適度に落ちている場合だけなんじゃ無いかと。

で、パワーを絞った状態(0%)でダミーロードを繋いだ状態で、パドルで送信すると確かにパワーは0%だけど、チューニングスイッチを押すと10Wで送信しました。

IMG_2557.jpegここまでは情報通り。

で、ダミーロードを外してSWRを∞にしとくと、チューニングスイッチを押しても2.5W程度しかパワーが出ませんでした。

結局の所意味なしでした。orz..

チューニングするのにある程度パワーが必要な外部チューナーでは使えないと言うことが判明しました。

かなりがっかりです。

コメント(0)

昨年はどう言う理由か忘れたけど、自宅で細々と参加したニューイヤーパーティーでしたが、今年はまた大串半島に移動してきました。

忘れ物をとりに一度引き返しましたが到着時間は予定通り。しかし、結構肝心な物を忘れていました。

今回は某S局が帰省されての参加予定なので、NAR100を使ってもらうつもりで自分では7MHzのモービルホイップを準備しました。

IMG_2523_2.jpegSWRもバッチグーです。

IMG_2522.jpegしかしレーダーノイズでCWバンド全域潰れてます。

IMG_2525.jpegむりむりCQを出してみたけど無理でした。

10MHzや14MHzでCQ出してみても2局ずつ程度だし、国内のビーコンには拾われなかった。

それでもお昼前から10MHzのコンディションが良くなり、良い感じで呼ばれてとりあえずはノルマ達成でした。

−・・・−

開始から少し遅れて某S局も到着し、NAR100を両車両の真ん中に設営しました。

IMG_2526.jpegしかし、IC-705ではチューニングが取れず結局私がNAR100を使い、某S局がモービルホイップを使っての運用となりました。

お昼を過ぎた頃に、某G局も到着し3台並んでの運用でした。

IMG_2533.jpeg−・・・−

撤収前に、先日作ったIC-705の強制チューニングスイッチが効かない原因を調査。

IMG_2534.jpegああでもないこうでもない、外部バッテリーが12Vしかでないから?とか疑って昇圧のDC-DCで試してみてもやっぱりパワーが2W位しか出ない。

リグが悪いのかと、各局のIC-705で試してもやっぱり同じでした。

これは後日調査です。仕様が変わったんかな???

移動運用自体はとても天気が良く、ぽかぽか陽気の中大変楽しく過ごせました。

来年もまた賑やかに運用できると良いですね。

コメント(2)

香川マラソンコンテストの4回目移動のとき、IC-705+SG-231チューナの組み合わせだとチューナーが動作せず困り果てていました。

SWRが高い状態だとパワーが出ないのが原因のようですが、チューニング動作させるとパワーが出るそうです。

こちらのサイトを参考にさせてもらって作成することにしました。

パーツはこれだけですが、1μFのコンデンサが無かったので注文するついでに、プラグの穴にちょうどはまりそうなプッシュスイッチも購入しました。

IMG_2498.jpeg組み立てもあっさりできまして、チューニングボタンが表示出来るか試してみるけど「TUNE」ボタンは活性化せず・・・

IMG_2499.jpeg考えても分からないので、悲しい気持ちのまま次の日曜に再度挑戦です。

ショートを疑ったり、コンデンサの容量抜けを疑ったり、刺した状態で電圧をみてみたりするけど異常は見当たらない。

元のサイトをよくよく見ていると「おや!」・・・差し込む穴をまちがえてました。

ずっと「KEY」の穴に差し込んで「動かん、動かん」と悩んでいたようで・・・アホです。

ちゃんとしたところに差し込めばしれっと動作しました。

IMG_2510.jpegプラスチック製のケースの穴を少し広げて差し込めばバッチグーな物が完成しました。

IMG_2511.jpegそして差し込んでスイッチをぷっしゅっと押してやるとちゃんとパワーが出ました。

IMG_2514.jpegもっと早く気がついていたらチューナー繋いで動作確認できたんですがね。

また今度試してみましょう。スッキリしたのでゆっくり眠れそうです。

コメント(0)

今日は県支部役員会もあり移動運用はしないつもりでしたが、マルチを取れない場所を欲しがっている局があったので、役員会終了後にちょこっと行ってみることにしました。

まんのう町に行こうとしましたが、移動中にどうやら交信成立したような感じでしたので帰ろうと電話連絡。

多度津町も取れてないと言うことで、西方面まで行ったついででしたので多度津町に行くことにしました。

移動先は以前ロケハンしたことのある「桜の森高原」に行きました。

現着直前に「CQ多度津町・・・」と聞こえてきます。早速お声がけすると続いてもう1局コールあり。

今年はレアな移動地のようでした。

アンテナはHFは安定のNATEC NAR100で144/430は RH-770でリグはお手軽運用のためIC-705を持って行きました。

設営後1.9MHzだとチューニングが取れず、3.5では取れました。7MHzもダメですがとりあえず、設営完了連絡をしました。

IMG_2492.jpeg430->144->28->21までは順調に交信完了。その先がチューニング取れずに先方の声は聞こえるもののこちらの声は届かず。

どうにもこうにもチューニングができず、ふとしたタイミングで7MHzのチューニングが取れたので、すかさず交信を試みるとなんとか成立。

続いて14MHzを試みるとこれまたなんとか成立・・・

なんで???

お待たせしたまま、アースが足りないと思ってワイヤーのカウンターポイズを追加してみたりしますが、どうにもチューニングを取ってるような音がしない。

結局3.5はカスカスながらできたようですが、1.8MHzは諦めました。

諦めて撤収し帰る道中にふと思い当たることが。。

SWRが高いときにはパワーが出ない仕様になっていると思われ、そうするとチューナーにキャリアが入らないためチューニングを取らないのでは無いかと・・・

家に戻ってマニュアルを見るとSRW3以上だとパワーが出ないとのこと。

どうりで。。

無理矢理キャリアを出すためのツールを自作する必要がありそうです。

今年の香川マラソンコンテストには間に合いませんが、年末の休みにはなんとか準備しておきたいです。

コメント(0)

今年は3回の移動運用で終了になるので、最後の移動運用かな?

明日は県支部役員会のため移動できません。コンテストが終わってからにしてくれると良いのに・・・

今日は宇多津町の青の山駐車場です。

IMG_2488.jpegいつもの場所に陣取り、HFはNATEC NAR100を利用し144/430/1200はモービルホイップでの運用です。

前回よりさらに手抜き設営を試そうと、N型のマグネット機台を購入しポール1本と旗立て台も省略しようという魂胆でした。

それが災いしたのか144/430/1200のモービルホイップを忘れてきちゃった...orz

仕方なしに車に付けていた144/430のモービルホイップで運用するしか有りません。

恐る恐る1294.058MHzでCW発信してみるとSWR 2.0位の所を指しています。

これならなんとかなりそうなので、早速約束していた丸亀の局に連絡し試してもらうと良い感じで交信出来ました。

その後も別の丸亀の局とはFMでも交信完了!三豊市移動からハンディで運用していた局とは残念ながら交信出来なかったけどしょうがないです。

コンテストも後半戦に入ったのでボチボチ呼ばれて局数を稼げました。

お昼になると皆さん食事なのかパッタリ。

車内も暑くなってきたし、今日の昼食はおにぎり1個だったので早々にQRTとしました。

1200が使えるオールモード機はIC-9700だけなので、家に戻って設置し直しが大変面倒くさいです。

もう一台欲しいなぁ〜〜

コメント(0)

今回も善通寺市移動運用で、大麻山のヘアピンカーブの所からです。

相変わらず木に接触するため少し斜めにエレメントを伸ばしました。

IMG_2484.jpeg昨年は土曜日に訪れたのでジャンボモービルの混信が酷かったのですが、日曜は静かで良いですね。

50交信以上できたので満足でした。

コメント(0)

今年もやってきました。香川マラソンコンテストです。

最初の休日は観音寺移動で雲辺寺ロープウェー乗り場の第二駐車場からです。

IMG_2479.jpegアンテナはNATEC NAR100 と145〜1200MHzはモービルホイップを先日修理したトリプレクサーで分岐しての運用となりました。

IMG_2478.jpeg無線機はHFはIC-7300で145〜1200MHzはIC-9700で初の2段重ね運用でした。

IMG_2480.jpeg高松向けには少々厳しい感じの場所でしたが、交信もそこそこできたので大成功と言って良いでしょう。

しかし、雨がパラパラし始めたところで応答も途切れたので撤収しました。

明日は善通寺移動します。

コメント(0)

庵治竜王山公園移動

| コメント(0) | トラックバック(0)

ここしばらく自宅でゴゾゴゾする日が続き、運動もせずストレスも溜まるいっぽうです。

クラブのメンバーの方が庵治竜王山公園に移動運用に行くと聞いたのでこれはチャンスと私も移動運用に行くことにしました。

その方もいけるかどうか確証は出来ないということでしたが、きっかけが必要だっただけですので良かったです。

相変わらずの忘れ物で取りに帰ったりして到着が遅くなりましたが、IC-705を詰め込んでSOTA運用に使っていた機材をリュックに積み込み、庵治竜王山公園の駐車場から腕時計の橋のある近くからまずはVUで運用です。

IMG_2423.jpegひとまず430FMでCQを出すと移動運用の時に声をかけてくれるOMさんが声をかけてくれました。

IMG_2431.jpeg今日はHFでも運用予定で交信局数も多くなるかもと、ログ帳は久しぶりにMINILOGの登場です。

IMG_2429.jpeg430CWとか144CWでCQを出してみたけど応答がないので早々にQRT。

HFでの運用のため駐車場まで降りました。

降りたところでそもそも移動運用予定の方も到着し挨拶した後に設営開始です。

平地にペグなどで釣り竿を立てるのは久しぶりでもたつきますがなんとか立ち上げ完了。

IMG_2433.jpegエレメントとカウンターポイズは1/4バランで繋ぎます。

IMG_2434.jpegIC-705はチューナーが内蔵されていないので、Z-100 PLUSでチューニングを取ります。

IMG_2435.JPGIC-705でも良い感じでチューニングが取れるので便利ですね。

1.9MHzでもチューニングは取れますが電波を出すとチューニングが外れてしまうため使えない状態ですが、3.5MHz〜50MHzはOK

10MHzではCQを出している局と交信OKでRSTレポートも良い感じでした。

7MHzは諦めそれ以上のバンドでCQを出しますがRBNにもかからず状態でしたので今日は諦めました。

21MHzでSIM局交信出来ましたが 519/559と厳しい状態です。

アンテナもあんまりなのかも知れませんね。

先週日曜からいろいろと疲れる事態がありましたので今日は良い気晴らしができました。

コメント(0)

Vダイポール組み立て

| コメント(2) | トラックバック(0)

コンテストでよく使う 14/21/28 MHzですが、14MHzはバーチカルやツエップを自作して運用しておりました。

21/28MHzは釣り竿ロングワイヤーで運用してますがイマイチな感じでした。

1.8MHz/3.5MHzは臨時でダイポールを張れるようになり7MHzと50MHzは常設していますから、残るは14/21/28をなんとかと思っておりました。

そこで3バンドのVダイポールを月曜日に電化センターさんに注文し春までに届けば良いくらいで考えていたら木曜には届いちゃいました。

そして土曜日に「開封の儀」と組み立てを開始です。

IMG_2404.jpegIMG_2405.jpegIMG_2406.jpegVダイポールの組み立ては初めてですがそれほど難しくも無く説明書もちゃんとしていたので難なく組み立て完了です。

IMG_2408.jpegちょっとポールが低いならがらもひとまずアナライザーで確認しますが・・・なんとどのバンドも∞です。

猛烈ながっかり感で途方に暮れました。

しかし、たんなるエレメント・・・ダメな要因としたらバランか同軸ケーブルかどっちかだと思ったので一番ダメであって欲しい同軸ケーブルを変えてみるところから試してみると・・・直りました。

各バンドの状況こんな感じでした。

IMG_2410.jpegIMG_2409.jpegIMG_2411.jpeg地上高が低いせいか14MHzはちょっとSWR高めですが、テューナー使えば問題なし。

短い同軸に変えてしまったのでアンテナ直下にリグを設置してテスト運用。

IMG_2412.jpeg関東に出張中のSIMさんがリモート運用でテストしていただけたので助かりました。

テストの結果は以下の通り

14MHz  559 / 589
21MHz 539 / 589
28MHz 519 / 559

こちらからは50W 相手からは100Wでしたのでまぁまぁ納得の数値となりました。

昼食後、分解して用事を済ませたあとエレメントにテナコートを塗布しました。

どんだけ効果があるのか分かりませんが標準添付でしたのでありがたく利用させていただきました。

2度塗りすると添付の缶がほぼ使い切った感じです。

さて、このアンテナは固定用に設置したいと思っているのですが、常設するとすれば自宅の南側が良いのですが、釣り竿ロングワイヤーのエレメントが占領してます。

張り方を少し考えなんとか設置したいと思います。

コメント(2)

早くも11月になってしまいました。

先日洗濯機が壊れまして、新しいものに交換したのでもちろん裏板は外して無線用に使います。

IMG_2385.jpeg右側が今まで使っていた分ですが、今回分は厚さが半分くらいしか無くペラペラしたかんじです。

IMG_2384.jpeg無線で使う分には関係ないけど、ちょっと手を怪我しそうな気がしなくもない。

とりあえず端子の加工から・・・丸い穴には入らないので開いて使います。

IMG_2386.jpegこの加工が一番難しかった気がする・・・

IMG_2387.jpeg2本のメッシュ線で挟んで万力で固定します。

IMG_2388.jpegそしてハンダ付け。

IMG_2389.jpeg冷ましてる間に板の方の汚れを落とします。

IMG_2390.jpeg予備ハンダ。

IMG_2391.jpegすんなりハンダ付け完了です。

さて、アース板のテストも兼ねて1枚の場合と2枚使った場合とで電波の強さが変わるかどうかをテストしたいと思います。

IMG_2394_2.jpeg

リグはIC-706ですが液晶のくもりがどんどん酷くなって、もうすぐ見えなくなってしまいそうです。

アンテナはNATEC NAR100を使います。

IMG_2397.jpegええ天気です。

強さを比べるために電界強度計を用意しました。

IMG_2395.jpegまずはアース板無しで10μAを指すように調整しまして1枚で計測

IMG_2396.jpegすると28μAとなりました。

次は2枚で計測すると30μAとなりました。

IMG_2398.jpegあんまり変わらないので、移動の時は1枚でいいですね。

そして、IC-706の液晶のくもりについては以前からネットで調べて偏光板を交換すると直るらしいのでAmazonで偏光板を買っときました。10枚で300円ちょっとと激安です。

やっとの思いで古い偏光板を剥がすととっても酸っぱい匂いがします。

IMG_2401.jpegなんとかうまく交換できましたが元のガラス板の方が曇っているような感じで結局直らず。

IMG_2402.jpegがっかりでした。

コメント(0)

さかしん


最近のコメント

月別 アーカイブ

ウェブページ